ニガちん とは

自己紹介

ニガちん(ex.永野十)
1981年滋賀生まれ。2025年まで美術や音楽や農業などの活動。
趣味:DJ(THE SUPREME XX)やキャンプなど。

《個展》
・時の賜物~A HARVEST OF MEMORIES~,白湖, shiga,2020

・間に来た人:TO BE IN TIME FOR/TOP SECRET,BIJUU,kyoto,2018
・ROCK STEADY&TIME IS MONKEY,祇園 空 鍵屋,kyoto,2015
・楽園☆地図 ~SPECIAL MERRY X’MAS PARTY~,自宅アトリエ,shiga,2012
・八八八~POWER OF HOLYMOUNTAIN~,MEDIA SHOP,kyoto,2010
・I, 町家ギャラリーCROSS,kyoto,2008

《自主企画》
「GOLD/E.A.R.(主宰)」
・〇/YES,(anteroom meals)2013
・卒業制作 自主企画 E.A.R.03「龍のゑ E.A.R.」,(三井寺)(※休学開催延期) 2004
・大風流 E.A.R.02「A Happy New E.A.R.」,(club Metro)2003
・アート大風流 E.A.R.01「声聞 E.A.R.」,(ArtComplex1928,他)2001

《グループ展/企画/公募》
・ART BATTLE Kyoto produced by TERRADA,(Ace Hotel Kyoto),2021
・UNKNOWN ASIA ART EXCHANGE OSAKA 2015, (大阪中央公会堂), 2015
・313×313 Dreaming ART,(Royal Park Hotel HANEDA),/(入賞/常設) , 2014
・ATHER,(CAFE ALIVIO),2012
・日食と美食の旅/虫眼鏡プロジェクト,(銭塘江河岸施設屋上,杭州) , 2009
・GEISAI-1,2,3,7,10,12,22出展 (東京タワーアミューズメントホール他), 02〜23
・大風流 WA GATHERING COLLAGE,(京都市役所前広場),2002
・岡田修二 公開インタビュー「REAL」,(成安造形大学), 2002
・アート大風流展EXPERIMENTAL ART RANDOM,(neutron他),2001
・芸術祭典・京 芸術系大学部門「室町つなぎ」,(京都芸術センター&新風館),2001
・夢サポート事業「母校タイル壁画制作」代表 ,1999


《書籍類》
・「秘密」(甘神善徳 名義 ※個展限定)2018
・「春夏秋冬」(個展用自費画集)2015
・「モテぼん」(Kindle他 / ※期間限定)2015
・「木の育て方」(Zine)2010
・「戦後アメリカ美術の記憶と現在~ポロックとラウシェンバーグ~」(卒業論文)2005

《受賞》
・313×313 Dreaming ART,(Royal Park Hotel HANEDA),(入賞) 2014
・第50回滋賀県青少年美術展/最優秀賞受賞, 1998
・郡展 3年連続「版画」推奨受賞,1994~96

《漫画アート》
笑☆王 2023


《音楽 / ライブペインティング》
・THE SUPREME XX(DJ/SUPER GOODLUCK 1300:SGB)、TWÖ(dj)
・WOMBUSH(CD) 2018 https://wombush.bandcamp.com/track/long-hair ・THE THRΛSH ØF NΛKED LIMBS (PunKOoOX+sunburningsun,studio)(event限定)2003 ・Alischrisme 2003 https://www.youtube.com/watch?v=gQ0oZp3w2bQ ・電脳キャバクラ(Band) 2001 https://www.youtube.com/watch?v=MPpxZH0gGHM

《映画 / 動画》 
・ 某映画 参加済(情報未公開)2024
・「Evening Bridge Twilight」/「Morning Beach Waves」(習作PV) 2023

・「座敷娘」(自主制作短編動画)2006
・「乞食」(GEISAI-7にて動画展示&パフォーマンス)2005
・「新・仁義なき戦い 謀殺」 橋本一監督(エキストラ参加)2003
・「E.A.R.」自主企画イベントのメイキングビデオ 2002
・ 京都学生映画祭(現 京都国際学生映画祭) 広報/当日運営スタッフ参加 2000

《食》
・loveat 2013

《農業》
半兵衛ファーム(手伝い) 2010~
・玄素禄 2005~2007

《WEB》
宝⏰島 2023

《アート/グッズ》
GURHYTHM. 2022
CROSSORC 2010~

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP